マンガ

花のち晴れ102話ネタバレ感想!つくしは逃亡で日本へ一時避難?

この記事では漫画「花のち晴れ」102話のネタバレと感想を書いています。

その前にまずは前回101話の内容をおさらいしましょう!

音と晴は偶然にもつくしと出会います。

2人が英徳学園の生徒だと知ったつくしは、顔も見たこともないコレクト5のことを散々けなし始めます。

だんだん機嫌が悪くなっていく晴をよそに、その後すごい勢いで立ち去るつくし。

晴にとってつくしの第一印象は最悪で、なぜ尊敬する司の彼女がつくしなのかと理解に苦しみます。

翌日天馬の知り合いの家に皆で遊びに行くことになり、そこの家主を見て驚愕!

なんとそこには司の姉椿がいるではありませんか!!

しかもそこには疲れ果てたつくしの姿もあって……いったいどういうこと?

それではさっそく気になる102話のネタバレ感想を紹介していきます!

Sponsored Link

花のち晴れ102話ネタバレ

椿の家で司が載っているアルバム写真に釘付け状態の晴。

司の写真1枚1枚をイチイチ褒めまくり、スマホでカシャカシャ撮りまくっています。

椿の目にはそんな晴が気持ち悪く映り、なぜあそこまで司の写真に食いついているのか尋ねるのです。

音が晴が司のファンであることを告げると、あんな弟のどこが良いのか不思議がっています。

つくしがごはんをもぐもぐ食べて少し元気になってきたと感じた椿は、さらにつくしのために追加の料理をシェフに用意させようと飛んで行ってしまい……。

その間につくしは昨日のことで晴が怒ったのではないかとさりげなく音に聞きます。

今はアルバム写真に夢中だから大丈夫だと答える音。

そんな晴を見てつくしも少し変わり者だと感じている様子。

そしてそこで初めて音の名前を聞くつくし。

コレクト5のメンバーを見ながらつくしは懐かしそうに昔のことを思い出しているようですが、その姿はどこか寂しそう。

音が夢で見た寂しそうなつくしとそっくりだったのです。

音はつくしにLAで何をしているのか尋ねます。

自分のことを牧野先輩という音に、先輩という名はふさわしくないから名前で呼んでほしいと言うつくし。

音の質問に対して自分は今花嫁修行をしていると答えます。

それを聞いて驚く音。

そしてつくしの花嫁修業の内容を事細かく音に説明するのです。

驚愕の内容にさらに驚く音。

つくしも毎日頑張ってはいたものの、さすがに疲れてきた様子。

つくしはいつ帰るのかを音に尋ねます。

「今夜」だと告げるとそんな音達をうらやましがり、つくしはそのままあくびをしながら先に休むからとその場を後にするのでした。

1人でポツンと寂しそうにしている天馬に気づいた愛莉は、少し話をしに行ってきていいのか海斗に聞きます。

あまりにもそっけなくOKを出す海斗に不満な愛莉。

そんな愛莉を見て、なるべく早く戻ってくるように付け足します。

思わず幸せな気持ちになる愛莉。

自分を試す行動が恥ずかしくてたまらない海斗。

いい加減やめてほしいと愛莉に頼みますが、笑顔で拒否されます。

愛莉は天馬の元へ行きこの家に招待してくれたことを感謝し、日本へ戻りたくないのかを尋ねます。

そして音のこともさりげなく聞くのです。

それに対し天馬はこう答えます。

音は簡単に消せる存在ではないけど、辛くてどうしようもない時期は過ぎたのだと……。

隙かさず天馬にも海斗と付き合っているのかと質問される愛莉。

顔を真赤にしていると天馬は笑顔で祝福し、そんな天馬を見て一瞬トキメイてしまうのです。

天馬との話を終えて戻ってきた愛莉は、思わず海斗に「大好き」だと伝えます。

突然愛莉がそんなことを言い出したため、海斗は顔が赤くなり驚きを隠せません。

心の中で天馬にさよならを告げ、ようやく愛莉は天馬の想いを断ち切ることができたのでした。

椿は突然皆の前で初めて飛行場で天馬に会った時のことを話し始めます。

その時はまるで空から飛び降りるような顔をしていたけど、その頃に比べて随分元気になったのだと。

椿はその原因が女の子のことだと薄々感づいていたのです。

一瞬その場は凍りつきますが、天馬は今の自分の気持ちを正直に話し始めます。

自分の元から大切な人はいなくなったけど、自分がさせてあげれなかったその人の笑顔を見ていると心から嬉しいと感じているのだと。

そして改めて音のことを晴に頼み、それに応える晴。

音に何かあったらすぐに飛んでいくという天馬に、少しビビっている様子。

晴は音の中にいる天馬のこともまるごと好きだから、天馬のこともめちゃくちゃ好きなんだと相変わらず斬新な発言で驚かせます。

その会話を聞きながらやっと空気が読めた椿。

微妙な空気が流れていたのは当事者が揃っていたからだとやっと理解するのです。

そんな光景を見ていると昔のF4のことを思い出し、当時は色々ありすぎて大変だったことを皆に告げます。

運命の相手とは見えない磁力で引き合ってしまうもので、恋愛に限らずこの空間に一緒にいること自体が奇跡なんだと語るのです。

そんな話を聞いて皆今自分たちのいる状況が奇跡であるのだと改めて感じるのでした。

その後音達は天馬に見送られながら、自家用ジェットで帰国することになります。

杉丸は一茶とトランプをするために取りにくと、何かを発見し大声で叫びます。

毛布で身を隠した何者かが乗っていたのです。

その人物とはつくし!!

ついに今の生活に耐えきれなくなったつくしは日本へ一時避難?

このまま道明寺家は見逃してくれるのか?

Sponsored Link



花のち晴れ102話感想

晴が司のアルバムに食い付いている姿が笑えます。

撮った写真は一生大切な宝物として大事にしそうですね。

愛莉も天馬のことをやっと吹っ切れた様子で、これで思う存分海斗との恋愛を楽しめそうです。

晴と天馬は音を取り合った仲だったのに、今ではすっかり友人として良い関係が築けているところがまた素敵。

まさかこの2人に男の友情が芽生えるなんて思ってもみませんでした。

このまま何事もなく帰国するかと思いきや、まさかのつくし同乗でまた一波乱起きそうな予感がします。

あまりにもつくしとのシーンがあっさり終わったので「あれっ?」とは感じていましたが、まさか一緒に日本へ帰ることになるとは予想外でした。

音から日本へ今夜帰ると聞かされて、思わず「チャ~ンス」と感じたのでしょうか?

つくしは皆より早めに休むと席を外したフリをしながら、その間にプライベートジェット機に乗り込んでいたとは!!

これまた彼女らしいといえば彼女らしい。

確かに毎日15時間以上の過密カリキュラムをこなしていたら、さすがに逃げたくもなります。

司と結婚するにはやはり愛だけでは解決できる問題ではなく、過酷な現実を乗り越えないと2人の未来は切り開けないんですかね~。

気になるのはつくしがいなくなった後の椿の行動。

つくしのことを応援している彼女であれば、まず司の母に報告することはないでしょう。

しかしこのままいるといずれバレそう。

やはり今後のことも考え、つくしを連れ戻しにきそうですね。

もしかしたら司が連れ戻しにくる可能性もあります。

いや、是非そうであってほしい(笑)。

司の姿を見ればまたつくしも思い直すかもしれません。

花のち晴れ最終巻をお得に読む方法

2015年の2月15日から少年ジャンプ+にて連載していた「花のち晴れ~花男Next Season~」は2019年12月22日をもって連載終了。

最終巻である15巻は2020年3月4日に発売。

この15巻は104話~111話までが収録されています。

最終巻は絵を楽しみながらのんびり読みたい!

できればお得に読みたい!

そんな方におすすめしたいのが動画配信サービスのU-NEXTです。

U-NEXTのお試し無料期間を利用すると電子書籍にも利用できる600ポイントがプレゼントされるので、会員登録するだけで最終巻を読むことができます。

▼漫画【花のち晴れ】の最終巻をU-NEXTで無料で読む方法をもっと詳しく知りたい方はこちら!

花のち晴れ漫画最終巻をお得にすぐに読むならU-NEXTがおすすめ!2015年の2月15日から少年ジャンプ+で連載していた漫画【花のち晴れ~花男Next Season~】は、2019年12月22日の111...
Sponsored Link

まとめ

以上、花のち晴れ102話のネタバレと感想を紹介しました。

つくしの登場はまだまだ続きそうで、新たな展開に面白くなりそうです。

ただしつくしが登場している間はどうしても彼女のことが気になりすぎて、花のち晴れのメンバーの存在が少々薄く感じるのは気のせいでしょうか?

103話のネタバレ感想はこちら!

花のち晴れ103話ネタバレ感想!花沢類再登場で今後の展開は?この記事では漫画「花のち晴れ」103話のネタバレと感想を書いています。 その前にまずは前回102話の内容をおさらいしましょう! ...
Sponsored Link