ドラマ

恋はつづくよどこまでもみおりは原作と違う?最終回結末に影響?

ドラマ【恋はつづくよどこまでも】5話のラストで突然天堂(佐藤健)の前に現れた元恋人にそっくりな女性とはいったい何者?

彼女の正体はみのり(蓮佛美沙子)の双子の姉妹のみおり。

原作にも登場する人物で、この物語のキーパーソンとも言える存在。

しかしドラマだと少し設定が違うため、それによって今後の展開も大きく変わっていくことが予想されます。

この記事ではドラマと原作でのみおりの設定の違いから、最終回結末にどのような影響を与えるかについて考察していきます。

Sponsored Link

【恋はつづくよどこまでも】元カノと天堂の関係は?

みおりを知る前に、まずは天堂の元カノであった姉のみのりについて復習していきましょう!

みのりは天堂や来生と同じ大学の医学部の同期。

元気いっぱの明るい人柄で天堂の良き理解者でもあり、研修医時代は共に支え合っていました。

しかし突然重い心臓の病気を発症し、心臓移植を待っている間に8年前に帰らぬ人に……。

つまり七瀬が出会ったときには既にみのりが亡くなっていたということになります。

大切な人を失った悲しみから天堂は仕事にのめり込み冷血な魔王と化し、人前では感情を抑え込み泣いたり思いっきり笑ったりできない性格になってしまったのです。

まるで心を何かに縛られているかのように……。

心を閉ざしてしまうくらいなので、天堂にとってみのりを失ったことは相当なダメージだったのでしょう。

みのりの入院中は研修の合間に見舞いに度々病室に訪れていた天堂。

手を握り続け涙を流すこともあった様子からも、相当彼女のことを愛していたことが伺えます。

【恋はつづくよどこまでも】みおりは原作と違う?

ドラマでは5話のラストで突然天堂の前に姿を現したみおり。

姉みのりが天堂と付き合っていたことは知っていましたが、葬儀でも留学で帰国できなかったためこのとき初めて2人は顔を合わせます。

心臓外科医で先月アメリカから帰国し、色んな病院の診療に回っているとのこと。

急遽天堂が大阪のセミナーに出席することになり、みおりも偶然そのセミナーに呼ばれていたことで急接近!

この回ではとにかく天童に対するみおりの行動が積極的で、どう見ても気があるとしか思えません。

結局みおりはその後日浦総合病院で働くことになり、姉のことや今まで感じていた想いが高まってついには愛の告白までしてしまうじゃないですか。

その後天堂にこっぴどく振られますが、全く諦めていない様子。

ドラマだとみおりはかなり積極的な性格ですね~。

しかし原作でのみおりはドラマよりも控えめな性格で、そもそも天堂に好意を持っていません。

みのりが姉の葬儀に出られなかった理由は留学していたのではなく、離島で救命医をしていたためすぐに家に帰れなかったから。

ただ、家族からみのりの恋人が姉の命を奪った病気を治す方法を研究すると聞いていたので、ずっと天堂がどんな人物なのか気になっていた様子。

ドラマでは天堂は心臓外科医ですが原作だと呼吸器科医という設定で、それと同時に彼女の亡くなった病名も異なっています。

そしてそんな姉の愛した天堂に一度会ってみたくなり、自ら希望を出し同じ病院に赴任することにしたのです。

それなのにいざ会ってみると違うことに気がとられている天堂の姿にガッカリ。

いきなり天堂の元カノとそっくりな双子の妹が登場したことで、七瀬は警戒しますが全くの見当違い。

みおりはただ天堂に大切な姉のことを忘れてほしくなかっただけで、双子でも男性の好みは全く異なっていたのです。

しかし、ドラマだと告白までしてしまうということは男性の好みまで姉と同じみたいですね。

七瀬の性格が姉とは正反対で、しかも天堂とはまだ深い関係ではないと知ったみおりはなんだかとっても感じが悪そう。

原作ではもっと感じの良い女性に描かれており、しかも自分のせいで天堂と七瀬が離れ離れになるきっかけを作ってしまったことを大変申し訳なく思ってしまうほどいい人。

それなのにドラマ版のみおりは七瀬の気持ちを察するどころか、彼女から天堂を奪おうとする超強引女!

七瀬に勝てる見込みがあると感じている様子から、とても自分に自信のある女性にも見えます。

ただそんな女性を天堂は好きになるでしょうか?

いくら天堂の亡くなった恋人にそっくりだからといって、みおりがみのりの性格まで似ているとは思えません。

【恋はつづくよどこまでも】原作と違うみおりは最終回結末に影響する?

6話のラストで突然天堂に自分の想いを伝えたみおり。

すぐに天堂にはっきり断られますが、俄然やる気に火がつきそう簡単には諦めきれない様子。

ただ今の天堂は既に相当七瀬のことが好きなので、彼の心を動かすのは難しいでしょうね。

元恋人に何かと共通点の多い彼女ですが、だからといって天堂が好きになるとは思えません。

天堂は外見ではなく中身を見て人の価値を判断できる人。

七瀬を好きになった理由もおそらく彼女の仕事ぶりや純粋さ、そして温かい人柄に惹かれたからではないでしょうか。

恋人を失ってから8年間も閉ざした心をやっと開放してくれた七瀬のことを、そんな簡単に手放すとは思えません。

いくらこの先みおりがどんなに天堂に迫ったとしても、そう簡単に気持ちを変えることはできないハズ。

みおりが原作とは違う設定でも、結局ドラマでも2人の未来は変わらないのではないかと予想されます。

Sponsored Link

まとめ

以上、ドラマ【恋はつづくよどこまでも】の元カノの妹みおりの原作との設定違いが最終回結末にどのような影響を与えるかについてお伝えしました。

みおりはみのりにそっくりですが、性格まで似ていたとは思えません。

七瀬にとって強敵であることには変わりありませんが、天堂の様子を見る限りその心配はなさそうです。

Sponsored Link