スポーツ

ミライモンスター【棒高跳び】古澤一生の競技動画が凄い!大会記録も

9月8日の【ミライモンスター】では棒高跳びの期待のエース古澤一生(ふるさわかずき)さん(17)が登場!

ポール1本であそこまで高くジャンプできるなんて、本当にすごい競技です。

飛べた時の快感といったらたまらないでしょうね。

応援する側も走り出しからジャンプしてバーを飛び越えるまで、ハラハラドキドキがとまりません。

こんなすごい棒高跳びの世界で活躍する古澤一生さんとはどういう人物なのか?

プロフィールやこれまでの大会記録動画なども紹介していきます。

Sponsored Link

ミライモンスター【棒高跳び】古澤一生のプロフィール!

名前 古澤一生(ふるさわかずき)
生年月日 2002年7月5日(17歳)
出身地 群馬県
出身校 高崎市立新町中学校/前橋育英高等学校
好きな女優 浜辺美波?

高跳びを始めるきっかになったのは、地元のぐんまスーパーキッズプロジェクト!

全国の小学生4年生以上を対象に優れた人材を早く見つけて、将来は世界的にも活躍できる選手を育てるというプロジェクト。

このプロジェクトのメンバーのひとりとして選ばれ、その後群馬にある「ベルアスレチックジャパン」という棒高跳び専用施設で高跳びの基礎を学んでいきます。

その後は棒高跳び選手としてメキメキと実力をつけ、中学校3年生のときには新記録5m05中学歴代ナンバーワンに!!

前橋育英高等学校へ進学後もさらなる高みを目指し、2019年の2度目のインターハイでは見事初優勝を決めています。

将来を期待される棒高跳び選手として注目され続けています。

プライベートでは棒高跳びの練習が忙しくて恋する暇なんてなさそうですが、彼のツイッターを見ると女優の浜辺美波さんがちらほら。

かなり頻繁にリツイートされているので、もしかしたら古澤さんはファンなのかも?

彼の男子高校生らしい一面が見れた気がします。

練習の合間に彼女からパワーをもらっているかもしれませんね。

ミライモンスター【棒高跳び】古澤一生の大会記録は?

古澤一生さんがこれまでに出場された大会で出した記録を紹介します。

【中学校時代】

2016年 全日本中学校選手権 4m40 
2017年 全日本中学校選手権 4m77 
2017年 U20日本室内陸上競技大阪大会4m60 
2017年 群馬県中学総体男子棒高跳4m93
2018年 U20日本室内陸上競技大阪大会5m05 

出場する大会では優勝を飾り新記録を次々に塗り替え、2018年には中学生で初の5mを越えとなりました。

【高校時代】

2018年 インターハイ 4m80 (6位)
2018年 北関東高校総体陸上競技 4m80(3位)
2018年 夏季ユース五輪 5m22(銀メダル)
2019年 U20日本室内陸上競技大阪大会 5m23(優勝)
2019年 群馬県総体 5m30(優勝)
2019年 日本陸上競技選手権 5m21(12位)
2019年 インターハイ 5m27(優勝)

高校1年生で初めて出場したインターハイでは、実力を存分に発揮することができず6位という結果に。

しかし、2度目のインターハイでは記録5m27見事初優勝を飾りました。

2019年の6月には日本陸上競技選手権にも出場されています。

しかも高校生で出場したのは古澤さんただ一人。

高校2年生でありながらトップアスリート達と一緒に戦うなんてすごいことですよね。

結果は惜しくも12位でしたが、きっとこの経験は今後の彼の高跳び人生の糧となるのではないでしょうか。

2019年5月に開催された群馬県高校総体陸上インターハイでは5m30高校歴代4位の記録を出し、自己記録を更新し続けています。

ミライモンスター【棒高跳び】古澤一生の競技動画は?

こちらが2019年5月に開催された群馬県高校総体陸上インターハイで5m30を出した瞬間の動画です。

何度でも見たくなってしまう映像ですね。

あんな細い棒でどうして体がこんなにも高く持ち上がるのか不思議でたまりません。

現在棒高跳びの世界記録保持者はフランスのルノー・ラビレ二選手の6m16

日本記録保持者は澤野大地選手の5m83

つまりまだ日本人では6mを越えていないということになります。

着々と日本記録に近づいている古澤さんの活躍に今後も目が離せませんね。

Sponsored Link

まとめ

以上、棒高跳びの期待のエース古澤一生(ふるさわかずき)さんについての紹介でした。

小学校4年生から棒高跳びの世界に入り、今でも第一線で活躍している古澤さん。

棒高跳びとは実に繊細な競技です。

ポールを匠に操りあんなに自分の体を高く持ち上げるなんてまさに神業!!

2024年フランスパリで開催される夏季オリンピックでその願いは叶うのでしょうか?

いつかオリンピックで古澤さんが活躍する姿を見てみたいですね。

ミライモンスター【バレー】黒後愛の強さと人気の理由は?ネックレスも9月15日の【ミライモンスター】ではバレーボールの期待の若手エース黒後愛(くろごあい)さん(21)が登場! 自然な笑顔が魅力的で、...
Sponsored Link