新千歳空港

【新千歳空港お土産】子供ウケするおいしいお菓子!大人も喜ぶ6商品!

新千歳空港内にはいろんな種類のお菓子がそろっていますが、大人向けの商品だったりすると子供にはあまり“ウケ”が良くなかったりしませんか?

うちの娘は特に味に敏感なので自分がおいしくないと思ったものは絶対に食べません!

せっかく一緒に食べるなら大人も子供もみんなが喜ぶお菓子を買いたいですよね~。

  • 子供と一緒に空港へ遊びにきたついでにみんなで食べられるお菓子を探している人
  • 子供がいる家族に渡すおみやげを探している人
  • 仕事や旅行の帰りに子供のおみやげのお菓子を探している人

そんな方にこそこの記事を読んで頂きたい!

今まで空港で色んなお菓子を食べてきましたが、その中でも特に子供にウケが良かった6品を紹介していきます!

Sponsored Link

新千歳空港お土産子供ウケするおいしいお菓子は【YOSHIMIの札幌おかきOh!焼きとうきび】

みなさんは焼きトウモロコシを食べたことがありますか?

甘醤油につけた焼きトウモロコシは甘みと香ばしさが一体となって絶妙なおいしさが生まれます。

この【札幌おかきOh!焼きとうきび】はまさにその味を再現したおかきです。

トウモロコシの甘みは砂糖の甘みと違い、本当に体に優しいと感じさせてくれる自然の甘さです。

本場の焼きトウモロコシよりうまいんじゃないかと思わせてくれるぐらい、食べ出したら本当に止まりません!

おいしすぎて逆にこの味嫌いな人いるの?って思うくらい誰もが夢中になれる味です。

油で揚げているのに重たく感じられず、このサクサクした軽い食感がクセになりあっという間に1袋完食してしまいます。

このおかきは小分けの袋に入っていて、1箱に6袋入りのもの1箱に10袋入りのものがあります。

1袋にはそんなに量が入っていないので大人なら一度に2袋以上食べないと満足しません!

「やべ~っとまんねぇ」

6袋入りを買ったとしてもすっごい勢いでなくなることは確実です(笑)。

もちろん子供も大好きな味なので喜ばれること間違いなし!

迷ったときこそ是非選んでほしいおみやげのお菓子です。

通常は6袋入りと10袋入りで売られていますが、店舗によっては小分けの袋よりも少し大きい袋タイプのもの1袋154円(税込)で売られています。

▲ハスカップとワインの専門店の【ハスカップ】の店頭に置かれているのをよく目にします。

新千歳空港お土産子供ウケするおいしいお菓子は【カルビースナック菓子】

子供が大好きなお菓子といえばスナック菓子です。

その代表的なお菓子メーカーのひとつ【カルビー】は、おみやげ商品としてもたくさんのお菓子を世に出しています。

その中でも子供も大人もやみつきになるおすすめ3品を紹介していきます!

じゃがポックル

これはもう有名すぎて知らない人はいないんじゃないでしょうか?

カルビーおみやげ部門の絶対的王者で、今もその人気が衰えることはありません。

一昔じゃがポックルの大ブームが巻き起こり、みんなが買い求めるため空港からじゃがポックルが姿を消した時期がありました。

今でこそいつでも買えるようになりましたが、その当時はなかなか買えなかったので大変貴重なおみやげのひとつでした。

カルビー商品の【Jagabee(じゃガビー)】をさらにおいしくした感じのもので、見た目もよく似ています。

この塩気とポテトのサクサク感に手が止まらなくなり、指についた塩もなめたくなるほど心を奪われてしまいます。

小分けの袋の6個入り550円(税込)10個入り885円(税込)があります。

おいしくてすぐなくなってしまうので10個入りの方がおすすめです!

ぽてコタン

カルビーはカルビーでもこちらの商品は【カルビーポテト】という会社が出している商品です。

【カルビーポテト】とはカルビーのグループ会社のひとつでカルビーであることには違いないのですが、主にジャガイモの生産から開発などに関わる仕事をしています。

ジャガイモを知りつくした会社が作った商品がこの【ぽてコタン】です。

小さくて丸い形が特徴でザクザクした食感が楽しめる塩気のあるスナック菓子です。

【たまねぎ味】【昆布味】の2種類あります。

たまねぎ味の方がちょっと塩気が強いので、食べ出すと非常~にのどが渇きます。

なのでこちらの商品を食べるときは飲みものと一緒がいいですね~。

どちらもおいしいですが、個人的には昆布味の方が好きです。

うちの旦那はたまねぎ味派なので、人によっても好みが分かれるかもしれませんね。

 

豆知識

【ぽてコタン】も【じゃがポックル】も名前のカタカナの部分は北海道の先住民族であるアイヌの言葉が使われています。

コタン住んでいる地域を指し、ポックルアイヌの妖精を意味します。

インカのめざめ

カルビーの出しているスナック菓子で私が1番大好きなのが【インカのめざめ】です。

インカのめざめ?

聞き慣れない方は何だかよくわからないと思いますが、北海道のジャガイモは国内生産量ナンバーワンでジャガイモの種類も豊富にあります。

その中のひとつに“インカのめざめ”という品種があります。

見た目はただの小ぶりのジャガイモにしか見えませんが、カットすると濃い黄色で熱を加えることでさらに色がはっきりして黄金色のように見えます。

一般のジャガイモよりも甘みがあり、油で揚げることでより甘みが増しフライドポテトに最適なジャガイモです。

デリケートなため大量生産に向かない品種なので、北海道に住んでいてもなかなかお目にかかかる機会はありません。

そんな貴重なジャガイモを使ってカルビーさんが作ったお菓子が【インカのめざめ】なのです!

この商品はまさにこのジャガイモの特性を生かしたもので、だけでジャガイモの味を最大限に引き出した最高のスナック菓子とも言えます。

砂糖を使っていなくてもジャガイモ本来の甘さを感じ、素材の味を楽しめる北海道ならではの商品ではないでしょうか。

自然の甘み塩気カリカリ感は子供にとって最高のおやつになります!

新千歳空港お土産子供ウケするおいしいお菓子は【花畑牧場の生キャラメルポップコーン】

花畑牧場もじゃがポックル同様に【生キャラメル】で大ブームを引き起こし、整理券をもって並ばないと買えないなんていう時代がありました。

生キャラメルが大ヒットしたことで、その後それにちなんだ商品も続々と開発されて店頭に販売されています。

生キャラメル味のポテトチップス、おかき、かりんとう、ラスクなど様々ありますが、その中でもイチオシなのが【生キャラメルプレミアムポップコーン】1袋390円(税込)

今まではポップコーンがそんなに好きではなかったのですが、この商品を食べてからポップコーンに対する見方が変わりました。

ポップコーンと生キャラメルはすごく合う!

見た目はすごく甘そうですが、生キャラメルの素材が良いからなのかそこまで甘ったるく感じません。

キャラメルでコーティングしたことでポップコーンがカリカリ食感になり楽しめます。

塩味のポップコーンはたくさん食べれないけど、キャラメル味なら不思議といくらでも食べれる感覚です。

甘くてカリカリ食感が楽しめるポップコーンをあなたも食べてみたくありませんか?

新千歳空港お土産子供ウケするおいしいお菓子は【morimotoの北海道バターサブレ北ふく郎】

北海道の代表的なお菓子メーカーで忘れてならないのが【morimoto】です。

千歳の町に本店があって昔から地元で愛されている有名店です。

店頭に並ぶ商品は洋菓子だけでなく和菓子やパンもあり、いつもたくさんのお客で賑わっています。

▼ここでおすすめしたいのが【北海道バターサブレ北ふく郎】

北海道の鳩サブレ的存在でこちらは鳩ではなく“ふくろう”をモチーフにしています。

素材もシンプルなものばかり使っているためか、優しい甘さでサクサクした食感は子供のおやつにも最適ですね。

少し大きめのサブレなので子供なら1枚でも満足できる大きさです。

サブレの形だけでなく包装にもふくろうの絵がついて可愛いので、子供ウケにはもってこいの商品です。

この商品は5個入り600円(税込)15個入り1800円(税込)30個入り3600円(税込)があります。

Sponsored Link

まとめ

せっかくおみやげを買ったのに「おいしくない」「食べたくない」なんて言われたら、なんだか残念な気持ちになりますよね……。

みんなが笑顔になれるお菓子こそが最強のお菓子ではないでしょうか?

ここで紹介した6品は子供から大人までみんながおいしいと感じ楽しめる厳選したお菓子です。

  • YOSHIMI【札幌おかきOh!焼きとうきび】
  • カルビー【じゃがポックル】【ぽてコタン】【インカのめざめ】
  • 花畑牧場【生キャラメルプレミアムポップコーン】
  • morimoto【北海道サブレ北ふく郎】

この中の商品は全部おすすめですが、自分が選ぶならダントツ【インカのめざめ】です!

“インカのめざめ”という珍しいジャガイモを使ったお菓子はなかなか他では食べられないんじゃないでしょうか?

味も保証付きなので、迷っている方は是非お試しください!

※この記事で紹介している値段は2019年4月11日時点のものです。

Sponsored Link