ドラマ

グランメゾン東京3話ネタバレ!倫子浜松土産のうなぎパイの通販は?

ドラマ【グランメゾン東京】3話で、伝説のジビエハンター峯岸に会いに静岡県浜松に出向いた尾花と倫子。

そのとき倫子はちゃっかり相沢の母と娘アメリのために、浜松土産を購入していました。

相沢の娘の幼稚園のお迎えに合わせて相沢を待ち伏せ、その後実家の相沢の母に手渡しています。

箱は包装されたままでしたが、その中身の正体は浜松名物うなぎパイ!!

いったいどんなお菓子なのかご紹介していきます!

Sponsored Link

【グランメゾン東京3話ネタバレ感想】うなぎパイを作っているお店はどこ?

うなぎパイを作っているのは静岡県浜松市にある春華堂(しゅんかどう)です!

昭和24年に設立され、元々は甘納豆最中を看板商品として販売していた老舗菓子店。

しかし、二代目に変わり新たな商品を開発することになり、そのときに誕生したのがうなぎパイ!!

何層も重ねたパイ生地はまるでうなぎの蒲焼を見立てているようで、サクサクした甘いパイのお菓子です。

原材料にうなぎの粉末が使われていますが、うなぎの味は全く感じられません。

昭和36年に誕生し、その人気ぶりはまさにうなぎ上り!

誕生してから現代に至るまで、お店の看板商品として地元民に親しまれ愛され続けています。

またうなぎパイは「夜のお菓子」というキャッチフレーズがあることでも有名です。

元々はこのお土産を家に持ち帰った夜に、家族団らんの場で楽しむお菓子としてネーミングされました。

しかしどういうわけかマムシドリンクのような効果が期待されると勘違いし、そういう噂が出回ってしまったようです。

春華堂はそのイメージを否定するどころか逆に利用し、パッケージもそのイメージに合わせたものに変更したんだとか。

その後はそのイメージを意識したためか、ニンニクも原材料に含まれるようになったようです。

2005年には見学ができるうなぎパイファクトリーが誕生し、浜松の新たな観光地の人気スポットに!

工場ではうなぎパイの生地の仕込みから箱詰め作業まで、製造における全ての過程を見学することができます。

うなぎパイの製造工程は誕生当時からほとんど変わらず、現在も職人による手作りで受け継がれています。

工場見学は個人の場合は予約不要で自分のペースで好きに回ることができますが、団体の場合は予約が必要です。

また専用のコンシェルジュが工場を案内してくれるツアーにも参加することができます。

ファクトリーには他にもカフェが併設されており、なんとこのカフェの照明にはウナギパイが装飾されています(笑)。

このカフェにはうなぎパイを使ったおしゃれなデザートだけでなく、興味深い食事メニューもいくつか用意されています。

気になった方は是非足を運んでみてください!

アクセス方法
  • 場所:静岡県浜松市西区大久保町748-51
  • 営業時間:9:30~17:30

【グランメゾン東京3話ネタバレ感想】うなぎパイの通販は?

うなぎパイは割れやすい非常にデリケート商品であるため発送は不向き!

そのため、定番サイズでの通信販売は行っていないようです。

ただファンの要望に応えるため、地元を伝えるプチギフト用としても使える【うなぎパイミニ】の通信販売はやっているとのこと。

このサイズなら発送時に割れる心配もなさそうですよね^^

1枚ずつ包装されていて小さいお子さんでも持ちやすく食べやすいので、おやつにもぴったりですね!

バリバリ食感が楽しくて食べ出したら止まらなくなりますよ♪

【グランメゾン東京3話ネタバレ感想】うなぎパイ関連商品が面白い?

うなぎパイといえばこの独特な包装紙!

この包装紙を使った面白い関連商品も販売されているので紹介しますね。

キャリーケース

まさかのうなぎパイキャリーケースです(笑)。

一瞬包装紙を貼り付けたかのように見えるデザインは、内部にもぎっしり施されている手の込みよう。

たとえうなぎパイのファンであったとしても、このキャリーケースで旅行に行くのはかなりの勇気が必要かも(笑)。

いったいどんな人が買うのか気になります。

アイフォンケース

こちらはうなぎパイの包装紙で包まれたアイフォンケースです。

しかも中にはうなぎパイフィギュアが隠されるという驚きの仕掛けが施されています。

こちらの方がキャリーケースよりも敷居が低いので、うなぎパイファンにとっては使いやすいアイテムのひとつになりそうですね。

でもどちらかといえばウケ狙いで購入する人の方が多そう~。

このケースを使っているだけで一目置かれる存在になるかも!?

隣にいる人がこのケースを使っていたら、間違いなくじっくり見てしまうでしょう(笑)。

グランメゾン東京玉森【祥平】の彼女が怖い?画鋲の嫌がらせが衝撃?ドラマ【グランメゾン東京】の玉森裕太さん演じる祥平の彼女である蛯名美優(朝倉あき)が恐いともっぱらの評判です。 祥平と美優は1年前...

【グランメゾン東京3話ネタバレ感想】うなぎパイの類似商品も?

春華堂にはうなぎパイだけでなく、うなぎ粉を使ったまんじゅうサブレもあり、他にも本格的な和菓子や洋菓子も勢揃いしています。

うなまん

うなぎのまんじゅうだから【うなまん】だなんてそのまんまで面白いですよね。

白あんの優しい甘さが広がるお茶請けにぴったしのお菓子です。

うなぎサブレ

こちらは春華堂の人気商品として年間195万枚も売れているベストセラー商品!!

うなぎパイのバリバリ食感とはまた違う、サクサク食感がクセになるお菓子です。

Sponsored Link

まとめ

以上、グランメゾン東京3話で倫子が相沢家にお土産として渡していたうなぎパイについてお伝えしました。

うなぎ粉は入っていますが全くうなぎの味はすることはなく、ほどよい甘さとサクサク食感がクセになるパイのお菓子です。

軽い食感なので1人で何枚でもぺろっといけちゃいますよ。

気になる方は是非食べてみて下さい!

グランメゾン東京【最終回見逃し配信動画】を無料視聴するお得な方法は?この物語は一度全てを失った崖っぷち主人公尾花夏樹(木村拓也)と倫子(鈴木京香)が新しいレストランを立ち上げ三ツ星を目指すというもの。 ...
Sponsored Link