ドラマ

【ミリオンジョー】真加田の急死の理由は?原作ネタバレから真相予測!

ドラマ【ミリオンジョー】は同名漫画を原作とした異色のサスペンスストーリー!

漫画家漫画編集者という一件何ら事件に関わりない設定が、漫画家が突然急死したことで今まで見たこともないハラハラドキドキの展開が繰り広げられていきます。

そして亡くなった漫画家のフリをして担当編集者が漫画を描き続けるというありえない行動に、不思議と引き寄せられてしまうのです。

そもそも国民的大人気漫画【ミリオンジョー】の作者である真加田恒夫(三浦誠己)は、なぜ突然亡くなってしまったのか?

いったいどんな人物だったのか?

原作ネタバレから謎多き真加田恒夫の素顔や亡くなった真相について迫ってみました!

Sponsored Link

【ミリオンジョー】真加田はどんな人物だった?

【ミリオンジョー】は10年も連載が続く大ヒット漫画で、その人気ぶりは衰えるどころかあまりの面白さにさらにファンが増え続けているという日本の漫画界の中心的存在!!

作者である真加田恒夫は人と関わることを異常なまでに避けることで有名な筋金入りの人嫌い!

そのために基本真加田本人に直接会うことが許されているのは、担当編集者の呉井(北山宏光)チーフアシスタントの寺師(萩原聖人)のみ。

真加田は他のアシスタントと触れ合うことも嫌がり、自分の仕事場とは別にアシスタントの仕事場を同じマンションの別の階に設けるというほどの異常なまでの徹底ぶり。

出版社の編集長でさえなかなか会えるチャンスはなく、彼の素顔を知っている人はもはやいないも同然でした。

プライベートでも一切人とは関わらず、真加田は養護施設で育ったため身寄りはなく連絡を取り合う相手もいない様子。

真加田の見た目はひょろっとして長髪でいつもジャージ姿

仕事中は自分にも他人にも厳しく締切のときは目が血走り、生活の全てが仕事一色でその様子は尋常ではなく正気の沙汰とは思えません。

物語のシリーズが終えると毎回お決まりのように1週間休みを取っています。

漫画家として成功してつかんだ大金もほとんど手をつけず、最低限使う分の生活費しか使っていませんでした。

真加田の願いはただひとつ、面白い漫画を描くこと!

それ以外は何も望まず、ただ読者に自分の作品を心から楽しんでもらいたかったのです。

【ミリオンジョー】には彼の悲しい生い立ちが深く関わっており、少年時代の真加田にとって救いであり唯一の楽しみだったのが漫画だったのではないかと推測されます。

【ミリオンジョー】はある漫画に影響されて生み出されたもの。

その漫画とはかつて社会現象になるくらい大ヒットした王道の少年漫画【マジックスターズ】!!

真加田はこの漫画がきっかけで漫画家の道を志したのです。

「自分と同じような辛い境遇の人に、自分の漫画を読んで少しでも元気になってもらいたい」

きっとそんな想いがあったからこそ真加田は自分の全てをかけて、【マジックジョー】を描き続けることに執念を燃やしていたのかもしれません。

【ミリオンジョー】真加田の世間からの反応は?

【ミリオンジョー】を描くことに執念を燃やし続けていた真加田ですが、そんな彼を世間はどのように感じていたのでしょうか?

この漫画の壮大な世界観はただ面白いだけでなく、人々の生きがいになるほど勇気希望を与える漫画として多くの読者から支持されていました。

生きる楽しみの理由になるくらい子どもから大人から愛され、いつの間にか国民的漫画の地位にまで登りつめていたのです。

最新刊の初版だけで500万部突破というありえない人気ぶりで、もはや社会現象にまでなりこの漫画によって動く金の額がとにかく半端ない!!

この漫画ひとつで出版社の今後の運命さえも揺るがすほどで、そんな理由から出版関係者からの真加田に対する接し方は特別なものでした。

【ミリオンジョー】真加田の急死の理由や真相は?

ではいったいなぜ真加田は突然亡くなってしまったのか?

漫画家という特殊な仕事であるため、どうしても不規則な生活になりがちでしたが真加田の【ミリオンジョー】にかける執念は他の漫画家よりもさらに群を抜いていたのです。

朝から晩まで寝る間を惜しんでずっと構想を練り続け、部屋にはありえない数の創作ノートが積まれるほど。

ノートには完結までのストーリー展開新キャラクターだけでなくキャラの歩き方まで、何もかもがとにかく事細かく記されていたのです。

シリーズが終わるたびに1週間休みをとっていますが、体を休めるというよりも新シリーズのために時間を費やしていた様子。

つまり真加田はほとんど休みなく漫画を描き続けていたということになります。

風呂に入る時間も短く、冷蔵庫の中は栄養剤アルコールがほとんどで、健康管理には無頓着の生活を送っていたようです。

自分のことよりも読者が優先で、全く休息栄養も取れていない状態を10年近くも続けていれば体がおかしくなっても当然ですよね。

真加田は締め切りが近くなるとたびたび心臓が痛いと呉井に訴え、亡くなる直前にも同じように訴えていたことから血管が詰まって亡くなった可能性が高いですね。

不規則な生活で血流が悪くなり、体がついに限界に来てしまったのでしょう。

ある意味過労で亡くなったといっても間違いではないような気もします。

ただでさえ漫画家とは不規則な生活になりがちなので、普通以上に健康管理に気をつかわないと支障が出てきてしまうのは当然かもしれません。

ただ面白い漫画を読者に届けたいという気持ちだけで作品を連載し続けることが、いかに難しいことなのかを改めて感じさせます。

せめて作品が完結していれば成仏できたかもしれませんが、作品が未完である以上この世に未練たらたらでしょう。

完結までストーリーを描いていたのに、まさか突然自分の命が尽きるなんて予想もしていなかったハズ。

まさか担当編集者の呉井が自分に代わって自分の漫画の続編を描き続けているなんて知ったら、いったいどんな気持ちになるのでしょうか?

自分の漫画を他人が手を加えるなんて考えられないことですが、自分がもうこの世に戻れなくなってしまった以上呉井の行動を完全には否定できないような気がします。

最後まで自分の想いを読者に届けたい、ミリオンジョーを完結させたい!!

他人の手によってでもミリオンジョーを完結することができたのであれば、きっと真加田はは成仏できるかもしれませんね。

【ミリオンジョー】真加田が呉井を指名した理由は?原作ネタバレ!ドラマ【ミリオンジョー】とは突然国民的大人気漫画家が急死し、亡くなったことを隠しながら担当編集者が漫画の連載を続けていくという異色のコミ...
Sponsored Link

まとめ

以上、ドラマ【ミリオンジョー】の漫画家真加田恒夫の亡くなった理由と真相について紹介しました。

せめて彼がもう少し自分の健康状態に気をつかっていれば、もう少し違う未来が待っていたかもしれません。

真加田が自分の命を削ってまで描き続けた【ミリオンジョー】とはいったいどんな作品なのか、実際にあったら読んでみたいですね。

ミリオンジョー原作から最終回ネタバレ!裏切り者は森秋で計画白紙?ドラマ【ミリオンジョー】とは同名漫画が原作の前代未聞のサスペンスです。 国民から絶大な支持を受けている漫画【ミリオンジョー】の作者...
Sponsored Link